サービス/Service

FCL 

 海外との貨物輸送のなかで、最も一般的で大量に運べるコンテナを用いた輸送です。

 御社の貨物だけで密閉したコンテナに積み込むので、盗難や損傷の恐れが少なく輸送にかかる時間も短縮することができます。

 港から港までの輸送だけでなく、工場から倉庫までの国内輸送や、積み下ろし作業も承ります。

LCL

 海上輸送で、コンテナ1本に積み込むには足りない量の貨物を輸送する方法です。

 1本のコンテナ内に他の荷主様の貨物との合積み(混載)になるため、損傷等のリスクはありますが、

 輸送コストを抑えられるメリットがございます。

在来船(Bulk cargos)

 コンテナに入りきらない大型機械や重量物、鋼材等を運べる輸送形態です。

 船倉に貨物を一つずつクレーンで積み下ろしをする従来の貨物船による積み方になります。

 コイル等の場合、コンテナでの輸送に比べ梱包や固定(ラッシング)の費用を抑えられるメリットがあります。

エアー(AIR)

 食品やアパレル等で少量の貨物を迅速に運ぶ航空機を用いた輸送です。

 直行便は運賃が高めですが、時間が早くスケジュールを追いやすいメリットがあります。

 経由便は運賃が低めですが、経由地での留置きによる到着遅れのリスクがあります。

プロジェクトカーゴ(Project Cargo)

 プラント等への大量の大型機械の輸送です。在来船やフェリーを使った輸送になります。

 在来船の定期便’(ライナー)だけでなく、チャーター便を仕立てたり、低床車両を用いた国内輸送も承ります。